iPadを Windows10の サブモニターにして Apple Pencilを使う

Windows PC 関連ノウハウ
spacedesk
iPadを Windows10の サブモニターにする
 
現在使用している、Windows10のデスクトップPCには、タッチパネルのスクリーンがないため、手書き文字や図形を描くには、マウスで描くしかない。
iPadも使っているので、iPadが Windows10の サブモニターになって、且つ、 Windows10のアプリで【Apple Pencil】が使えると便利なんだが・・・。
と、思いつつネットをググると、「spacedesk」と言う無料のソフトがある。
 
ペイント画面で、【Apple Pencil】を使って手書き入力をした様子
 
以下、「spacedesk」を使ってみた記録。
 
 

 

スポンサー リンク

 

 
 
 
 
 
1. iPadとデスクトップPCの接続
 
使用中の iPad Pro 11インチ。
使用しているiPad
 
 
iPadとデスクトップPCの接続は、それぞれに「spacedesk」をインストールすることで可能になる。
 
iPadとデスクトップPCの接続
 
iPadは、Wi-Fiでルーターに接続。
デスクトップPCは、同じネットワーク上であればWi-Fiでも有線でもどちらでも良い。
 
 
 
2. 「spacedesk」のデスクトップPCへのインストール
 
spacedeskのサイト」にアクセスし、「DOWNLOAD NOW」をクリックする。
「spacedeskのサイト」にアクセスし、「DOWNLOAD NOW」をクリックする
 
ダウンロードサイトの「PRIMARY PC(SERVER)」から、デスクトップPCに合ったOSを選択し、ダウンロードする。
ダウンロードサイトから、デスクトップPCに合ったOSを選択し、ダウンロードする
 
ダウンロードしたファイルを実行すると、セットアップが開始される。
ダウンロードしたファイルを実行すると、セットアップが開始される
 
ライセンスに同意して、「Next」をクリックする。
ライセンスに同意して、「Next」をクリックする
 
「Next」をクリックする。
「Next」をクリックする
 
「spacedesk」に対してファイアウォールの例外に追加する、を確認して「Next」をクリックする。
「spacedesk」に対してファイアウォールを除外する、を確認して「Next」をクリックする
 
「Install」をクリックする。
「Install」をクリックする
 
サードパーティーのファイヤーウォールが検出された、とのメッセージが出るが「OK」をクリックする。
サードパーティーのファイヤーウォールが検出された、とのメッセージが出るが「OK」をクリックする
 
「spacedesk」のセットアップが完了する。
「spacedesk」のセットアップが完了
 
スタートメニューに「spacedesk SERVER」が追加されるので、クリックしてみるとサーバーのIPアドレスが表示される。
スタートメニューに「spacedesk SERVER」が追加されるので、クリックしてみると次の画面が表示される
 
 
 
3. 「spacedesk」のiPadへのインストール
 
App Storeで、「spacedesk」を検索してインストールする。
App Storeで、「spacedesk」を検索してインストールする
 
「spacedesk」のアイコンが追加される。
「spacedesk」のアイコンが追加される
 
起動すると、「spacedesk」がインストールされている Windows PCが表示される。
起動すると、同じネットワーク上で稼働しているPCが表示される
 
「spacedesk」をインストールしたPCを選択すると、iPadがサブディスプレイとして接続されPC画面になる。
 
PC側のスタートメニューから、設定→システムを選択すると「ディスプレイ」の中にサブディスプレイが表示されるので【サブディスプレイの位置】を決める。
PC側のスタートメニューから、設定→システムを選択すると「ディスプレイ」の中にサブディスプレイが表示される
 
また、マルチディスプレイの表示形式を、使い方に合わせて【拡張】にするか【複製】にするかを選択する。
マルチディスプレイの表示形式を、使い方に合わせて【拡張】にするか【複製】にするか選択する
 
iPad Pro 11インチの画面解像度は、なんと【2388 x 1668】が設定できる。
iPad Pro 11インチの画面解像度は、なんと【2388x1668】が設定できる
 
 
 
4. 「spacedesk」で iPadを サブモニターとして使う
 
①.解像度【1024 x 768】で使ってみる
 
解像度【1024 x 768】での、Edge画面の表示。
解像度【1024 x 768】での、Edgeの画面
 
解像度【1024 x 768】での、エクスプローラー画面の表示。
解像度【1024 x 768】での、エクスプローラーの画面
 
解像度【1024 x 768】での、パワーポイント画面の表示。
解像度【1024 x 768】での、パワーポイント画面の表示
 
解像度【1024 x 768】での、ペイントの画面。
解像度【1024 x 768】での、ペイントの画面
 
 
iPadの解像度を【1024 x 768】にすると、画面サイズが小さい。
 
 
②.【Apple Pencil】を使ってみる
 
ペイント画面で、【Apple Pencil】を使って手書き入力をした様子。
ペイント画面で、【Apple Pencil】を使って手書き入力をした様子
 
 
③.有線接続のデスクトップPCに接続してみる
 
有線接続のデスクトップPCにも「spacedesk」をインストールすると、iPadには 2台のPCが表示され、どちらに接続するかが選択できるようになる。
有線接続のデスクトップPCにも「spacedesk」をインストールすると、2台のPCが表示されるようになり、どちらに接続するか選択できる
 
3台のモニターを接続しているPCの、「ディスプレイ」の状況。
3台のモニターを接続しているPCの、「ディスプレイ」の状況
 
このPCに iPadを接続すると、識別子が【 3 】のディスプレイになった。
このPCに iPadを接続すると、識別子が【 3 】のディスプレイになった
 
 
④.解像度【2388 x 1668】で使ってみる
 
解像度【2388 x 1668】での、ペイントの画面。
解像度【2388 x 1668】での、ペイントの画面
 
解像度【2388 x 1668】での、パワーポイントの画面。
解像度【2388 x 1668】での、パワーポイントの画面
 
 
iPadの解像度を【2388 x 1668】にすると、大きすぎるぐらいの画面サイズになった。
 

 

以上。
(2020.07.07)

 

 

スポンサー リンク

 

             

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください