HOME → 1 Raspberry Pi → 03 作品集 → 

Raspberry Pi + Volumio 2.915 に Synology NAS を接続

Raspberry Pi 作品集
Volumio オーディオサーバー
音源を Synology NAS に一元化
 
Raspberry Pi に、Volumio の最新バージョン 2.915 をインストールし、音源を Synology NAS に一元化する。
 
NFSルールの編集が出来たら、「保存」をクリックする
Synology の NAS 側で「NFS」を利用可能にする設定が必要。
 
 
以下、Synology NAS を Raspberry Pi の Volumio にマウントした記録。
 
 

 

スポンサー リンク

 

 
 
 
 
 
1. オーディオサーバーの機器構成
 
音楽サーバーの環境
 
オーディオサーバーの機器構成。
①.Raspberry Pi 2 Model B
②.Raspberry Pi拡張ボード D/Aコンバータ HAT for Raspberry Pi
  JustBoom DAC HAT JBM-001
③.パイオニア USBサウンドクオリティアップグレーダー
  BonnesNotes DRESSING APS-DR001
④.DAC HAT 専用ケース JBM-009
⑤.Synology DiskStation「DS218+」
 
 
 
2. Raspberry Pi に Volumio を導入する
 
 Volumio のダウンロードサイトから、最新のバージョン「2.915」をダウンロード。
 Volumio のダウンロードサイトから、最新のバージョンをダウンロード
 
zipファイルがダウンロードされるので、解凍した後、「img」ファイルを「Win32DiskImager」を使用してmicroSDカードに書き込む。
 
microSDカードを Raspberry Pi に挿し込んで電源を入れると、Volumio が立ち上がる。
 
パソコンのWebブラウザから、IPアドレス「http://volumio.local 」にアクセスすると言語が「日本語」になった画面が表示されるので、「Next」をクリックする。
パソコンのWebブラウザから、IPアドレス「http://volumio.local 」にアクセスすると言語が「日本語」になった画面が表示されるので、「Next」をクリックする
 
ラズパイのホスト名(hostname)を指定する画面が表示される。デフォルトでは volumio になっている(http://volumio.local)ので、このまま「Next」をクリックする。
ラズパイのホスト名(hostname)を指定する画面が表示される。デフォルトでは volumio になっている。
 
使用するDACを指定する画面に遷移するので、' I have an I2S DAC ' を YES にし「JustBoom DAC Boards」を選択して、「Next」をクリックする。
使用するDACを指定する画面に遷移するので、' I have an I2S DAC ' を YES にし「JustBoom DAC Boards」を選択して、「Next」をクリックする
 
オプション設定を簡易版にするか、詳細設定が可能なフルセット版にするかを指定する画面が表示されるので、「I want the full set of options」を選択してフルセット版を指定した。
オプション設定を簡易版にするか、詳細設定が可能なフルセット版にするかを指定する画面が表示されるので、「I want the full set of options」を選択してフルセット版を指定した
 
WiFiアクセスポイントへの接続設定の画面に遷移するが、有線LANで接続しているので、スキップする。
WiFiアクセスポイントへの接続設定の画面に遷移するが、有線LANで接続しているので、スキップする
 
Music画面が表示され、ここで「新規のドライブを追加」が可能であるが、一旦スキップして初期設定を完了させる。
Music画面が表示され、ここで「新規のドライブを追加」が可能であるが、一旦スキップして初期設定を完了させる
 
初期設定の完了画面が表示され、寄付が依頼されるが・・・、「Account」をクリックする。
初期設定の完了画面が表示されるので、「Account」をクリックする
 
「MyVolumio」というサービスへの登録画面が表示されるが、登録しなくても良い。
「MyVolumio」というサービスへの登録画面が表示されるが、登録しなくても良い
 
画面の左側に、メニューが表示されるようになる。
 
 
 
3. Volumio の IPアドレスの固定化とSSH接続
 
Volumio への「SSH接続」や、Synology NAS の共有フォルダを NFS で利用可能にする「NFSルール」の設定の為に、Volumio の IPアドレスを固定化しておく。
 
画面の左側のメニューにある「設定」をクリックする。
「MyVolumio」というサービスへの登録画面が表示されるが、登録しなくても良い
 
設定のメニューから「ネットワーク」を選択する。
設定のメニューから「ネットワーク」を選択する
 
「自動IP」をOffにし、固定アドレスと他の項目を入力して、「保存」をクリックする。
「自動IP」をOffにし、固定アドレスと他の項目を入力して、「保存」をクリックする
 
固定アドレスに関する確認メッセージが表示されるので、「Continue」をクリックする。
固定アドレスに関する確認メッセージが表示されるので、「Continue」をクリックする
 
 
Volumio への SSH接続
 
一旦、Volumio をリブートする。
 
ブラウザから「http://volumio.local/dev/」にアクセスし、表示される画面のSSHの項目の「ENABLE」をクリックする。
ブラウザから「http://volumio.local/dev/」にアクセスし、表示される画面のSSHの項目の「ENABLE」をクリックする
 
Tera Term を起動し、IPアドレスとポート番号を入力する。
Tera Term を起動し、IPアドレスとポート番号を入力する
 
「既存の鍵を、・・・」にチェックを入れ、「続行」をクリックする。
「既存の鍵を、・・・」にチェックを入れ、「続行」をクリックする
 
ユーザー名、パスワード共に「volumio」を入力する。
ユーザー名、パスワード共に「volumio」を入力する
 
Volumio への SSH接続がOKとなる。
Volumio への SSH接続がOKとなる
 
 
 
4. Synology NAS の NFS サービスを有効化する
 
Synology NAS を Raspberry Pi に接続するためには、Synology の NAS 側で「NFS」 を利用可能にする設定が必要である。
 
Synology NAS のコントロールパネルを開き、「ファイルサービス」をクリックする。
Synology NAS のコントロールパネルを開き、「ファイルサービス」をクリックする
 
「ファイルサービス」画面の、「NFS」タブをクリックする。
「ファイルサービス」画面の、「NFS」タブをクリックする
 
「NFS サービスを有効化」にチェックを入れ、「適用」をクリックする。
「NFS サービスを有効化」にチェックを入れ、「適用」をクリックする
 
「ファイアウォール通知」が表示されるので、「OK」をクリックする。
「ファイアウォール通知」が表示されるので、「OK」をクリックする
 
元の画面に戻るので、「共有フォルダ」へのリンクをクリックする。
元の画面に戻り、「共有フォルダ」へのリンクをクリックする
 
コントロールパネルから「共有フォルダ」をクリックしても良い。
コントロールパネルから「共有フォルダ」をクリックしても良い
 
Volumio で再生する音源ファイルがあるボリュームをクリックして、「編集」タブを選択する。
Volumio で再生する音源ファイルがあるボリュームをクリックして、「編集」タブを選択する
 
選択した共有フォルダの編集画面が開くので、「NFS 権限」タブをクリックする。
選択した共有フォルダの編集画面が開くので、「NFS 権限」タブクリックする
 
NFSルールの編集要領。
ホスト名または IP:Synology NAS のIPアドレス
特権:読み取り/書き込み
Squash:全ユーザーを admin にマップ
セキュリティ:sys
非同期を有効にする:チェック
非優先ポートからの接続を許可する:チェック
マウントしたサブフォルダへのアクセスを許可する:チェック
 
NFSルールの編集が出来たら、「保存」をクリックする。
NFSルールの編集が出来たら、「保存」をクリックする
 
共有フォルダの編集画面に戻ると、左下に「マウントパス」が表示されているのでコピーして置く。
共有フォルダの編集画面に戻ると、左下に「マウントパス」が表示されているのでコピーして置く
 
「権限」タブをクリックし、Synology NAS ユーザーの「読み取り/書き込み」にチェックを入れ、「保存」をクリックする。
「権限」タブをクリックし、Synology NAS ユーザーの「読み取り/書き込み」にチェックを入れ、「保存」をクリックする
 
 
 
5. Volumio に Synology NAS のドライブを追加
 
 Volumio の画面に戻り、設定のメニューから「Sources」を選択する。
 Volumio の画面に戻り、設定のメニューから「Sources」を選択する
 
ネットワークドライブ欄の「新規のドライブを追加」をクリックする。
ネットワークドライブ欄の「新規のドライブを追加」をクリックする
 
Synology NAS の「共有フォルダ」を設定。
エイリアス:何でも良い(音楽ライブラリに表示される名前)
NAS IP アドレス:Synology NAS のIPアドレス
パス:NFSの権限設定で表示されたマウントパス
ファイル共有の種類:nfs
ユーザー名:Synology NAS にアクセスするユーザー名
パスワード:Synology NAS のパスワード
オプション:入力不要
 
入力が完了したら、「保存」をクリックする。
Synology NAS の「共有フォルダ」を設定
 
Synology NAS の「共有フォルダ」がマウントされる。
Synology NAS の「共有フォルダ」がマウントされる
 
画面の左側のメニューにある「音楽ライブラリ」をクリックすると、「NAS」が表示される。
画面の左側のメニューにある「音楽ライブラリ」をクリックすると、「NAS」が表示される
 
「NAS」をクリックすると、設定した「エイリアス」名が表示される。
「NAS」をクリックすると、設定した「エイリアス」名が表示される
 
「エイリアス」をクリックすると、NASの音源ファイルが一覧表示される。
「エイリアス」をクリックすると、NASの音源ファイルが一覧表示される
 
さらにファイルをクリックすると、楽曲一覧が表示される。
さらにファイルをクリックすると、楽曲一覧が表示される
 
 
以上。
(2021.10.06)
 

 

スポンサー リンク

 

             

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください