HOME → 3 WordPress → 04 運用とトラブル → 

Google アナリティクス 4 (GA4) プロパティに切り替える

WordPress Twenty Seventeen
Google アナリティクス
GA4 プロパティへの切り替え
 
Google アナリティクスのページトップに、
「2023 年 7 月 1 日より、ユニバーサル アナリティクスでは標準プロパティで新しいデータの処理ができなくなります。それまでに Google アナリティクス 4 プロパティに切り替えて設定を進めておきましょう。」
と、アナウンスされるようになる。
 
ユニバーサルアナリティクス(UA)が2023年7月1日にサポート終了
 
以下、アナリティクス 4 プロパティへの切り替え準備の記録。
 

 

スポンサー リンク

 

 
 
 
 
 
1. ユニバーサルアナリティクス(UA)サポート終了日程と対策
 
現在、Google アナリティクスの「ユニバーサルアナリティクス(UA)タグ」を設定してWebサイトをトラッキングしている場合、【2023 年 7 月 1 日】以降ユニバーサルアナリティクス(UA)が使えなくなるので、Google アナリティクス 4(GA4)タグに移行する必要がある。
【2023 年 7 月 1 日】以降ユニバーサルアナリティクス(UA)が使えなくなるので、Google アナリティクス 4(GA4)タグに移行する必要がある
 
サポートが切れる【2023 年 7 月 1 日】までは、従来のユニバーサルアナリティクスでの計測と同時に、あらたにGA4のタグを設定し、並行でデータ収集を行うことが推奨されている。
サポートが切れる【2023 年 7 月 1 日】までは、従来のユニバーサルアナリティクスでの計測と同時に、あらたにGA4のタグを設定し、並行でデータ収集を行うことが推奨されている
 
 
 
2. GA4プロパティの作成要領
 
Google アナリティクスの「プロパティ」と「タグ(gtag.js)」の関係。
Google アナリティクスの「プロパティ」と「タグ(gtag.js)」の関係
 
UAタグ
 UAプロパティの【トラッキングコード】で、「トラッキングID」と「グローバルサイトタグ(gtag.js)」が参照できる。

GA4タグ
 GA4プロパティの【データストリーム】からリンクされた【ウェブストリームの詳細】で、「測定ID」と「グローバルサイトタグ(gtag.js)」が参照できる。
 
GA4のプロパティを作成するには、「管理」画面を表示し【プロパティを作成】の「GA4設定アシスタント」をクリックする。
GA4のプロパティを作成するには、「管理」画面を表示し【プロパティを作成】の「GA4設定アシスタント」をクリックする
 
「GA4設定アシスタント」画面が開くので、「はじめに」をクリックする。
「GA4設定アシスタント」画面が開くので、「はじめに」をクリックする
 
「プロパティを作成」をクリックする。
「プロパティを作成」をクリックする
 
プロパティが作成されるので、「GA4 プロパティを確認」をクリックする。
プロパティが作成されるので、「GA4 プロパティを確認」をクリックする
 
「データストリーム」画面を表示し、「>」をクリックする。
「データストリーム」画面を表示し、「>」をクリックする
 
「ウェブストリームの詳細」画面が表示され、「測定ID」と「グローバルサイトタグ(gtag.js)」が参照できる。
「ウェブストリームの詳細」画面が表示され、「測定ID」と「グローバルサイトタグ(gtag.js)」が参照できる
 
 
 
3. GA4タグの設定方法
 
UAプロパティを選択しているアナリティクス画面には、サポート切れのメッセージが表示されているので、プロパティの選択をクリックしてみる。
UAプロパティを選択しているアナリティクス画面には、サポート切れのメッセージが表示されているので、プロパティの選択をクリックしてみる
 
「GA4 プロパティ」を選択する。
「GA4 プロパティ」を選択する
 
「GA4 プロパティ」の画面に変わるので、「タグの設定手順を確認」」をクリックする。
「GA4 プロパティ」の画面に変わるので、「タグの設定手順を確認」」をクリックする
 
「ウェブストリームの詳細」画面が表示され、「測定ID」が参照でき、下部には「タグ設定手順」が記載されている。
「ウェブストリームの詳細」画面が表示され、「測定ID」が参照でき、下部には「タグ設定手順」が記載されている
 
GA4のタグの設定方法には、
①.header.php にGA4 タグを追記する方法。
②.GoogleタグマネージャーにGA4 タグを追加する方法。
の2通りの方法がある。

GA4のタグの設定方法には、 ①.header.php にGA4 タグを追記する方法。 ②.GoogleタグマネージャーにGA4 タグを追加する方法。 の2通りの方法がある
 
 
 
4. header.phpに GA4タグを追記する方法
 
【Luxeritas】の場合は、「子テーマの編集」の「アクセス解析(head)」タブにある【add-analytics-head.php】に、「グローバルサイトタグ(gtag.js)」を追記する。
【add-analytics-head.php】に「グローバルサイトタグ(gtag.js)」を追記する
 
「UAタグ」と「GA4タグ」の2つを記述した例。
「UAタグ」と「GA4タグ」の2つを記述した例
 
 
 
5. Googleタグマネージャーに GA4タグを追加する方法
 
参考:WordPress Google タグマネージャーの導入要領
 
 
Googleタグマネージャ公式サイト」にアクセスし、「無料で利用する」をクリックする。。
「Googleタグマネージャ公式サイト」にアクセスする
 
「アカウント」画面が表示され、「コンテナ」一覧が表示される。
「アカウント」画面が表示され、「コンテナ」一覧が表示される。
 
「コンテナ=ドメイン名」が既に作成されている場合は、「コンテナ名」をクリックする。(「コンテナ=ドメイン名」が既に作成されている = サイトに【タグマネージャー】が既にインストール済みという事。)
 
「コンテナ=ドメイン名」を追加する場合は、「…」をクリックし、「コンテナを作成」を選択する。
「コンテナ=ドメイン名」を追加する場合は、「…」をクリックし、「コンテナを作成」を選択する
 
「コンテナ名」を入力し、「ターゲットプラットフォーム」の中から【ウェブ】を選択して、「作成」をクリックする。
「コンテナ名」を入力し、「ターゲットプラットフォーム」選択して「作成」をクリックする。
 
サイトにタグマネージャーをインストールするための「スニペット」が表示されるので、WordPressの管理画面に移動し、「外観」→「テーマエディター」で「テーマヘッダー(header.php)」を編集し、下記内容を追記する。
サイトに、タグマネージャーをインストールするための「スニペット」が表示されるので、WordPressの管理画面に移動し、「外観」→「テーマエディター」で「テーマヘッダー(header.php)」を編集する
 
「ワークスペース」タブに「サマリー」が表示されるので、「新しいタグを追加」をクリックする。
「ワークスペース」画面の「サマリー」が表示されるので、「新しいタグを追加」をクリックする
 
「タグの名前」を入力し、「タグタイプを選択して設定を開始」をクリックする。
「タグの名前」を入力し、「タグタイプを選択して設定を開始」をクリックする。
 
「Google アナリティクス: GA4 設定」を選択する。
「Google アナリティクス: GA4 設定」を選択する。
 
「タグの設定」画面に戻るので、「測定 ID」を入力し、「トリガー」をクリックする。
「タグの設定」画面に戻るので、「測定 ID」を入力し、「トリガー」をクリックする。
 
「トリガーの選択」画面が表示されるので、「All Pages」を選択する。
「トリガーの選択」画面が表示されるので、「All Pages」を選択する
 
「タグの設定」と「トリガー」を確認して、「保存」をクリックする。
「タグの設定」と「トリガー」を確認して、「保存」をクリックする。
 
「ワークスペースの変更」欄に追加したタグが表示されるので、「公開」をクリックする。
「ワークスペースの変更」欄に追加したタグが表示されるので、「公開」をクリックする。
 
新しく公開する「バージョン名」と「バージョンの説明」を入力して、「公開」をクリックする。
新しく公開する「バージョン名」と「バージョンの説明」を入力して、「公開」をクリックする。
 
新しい「バージョンの概要」が表示される。
新しい「バージョンの概要」が表示される。
 
タグマネージャーのバージョン とは。

 バージョンは、 特定の時点のコンテナ設定のスナップショットです。
ワークスペースの現在の状態を「1 つのバージョン」としていつでも保存できるため、 必要に応じてワークスペースを元のバージョンに戻すことができます。
バージョンにより、ミスがあった場合の復元が簡単になります。

 
 
 
6. GA4タグの動作確認
 
Google Chrome で該当サイトを開き、拡張機能から「Tag Assistant」を選択し、「Enable」と「Record」をクリックする。
Google Chrome で該当サイトを開き、拡張機能から「Tag Assistant」を選択し、「Enable」と「Record」をクリックする
 
サイトの更新ボタンをクリックすると、 Tag Assistant のアイコン色が変わり、クリックすると設定されているタグを確認する事が出来る。
サイトの更新ボタンをクリックすると、 Tag Assistant のアイコン色が変わり、クリックすると設定されているタグを確認する事が出来る
 
Googleアナリティクスで「GA4 プロパティ」を選択し、レポートの中から「リアルタイム」を選択して見ると、データが収集されていることが確認できる。
Googleアナリティクスで「GA4 プロパティ」を選択し、レポートの中から「リアルタイム」を選択して見ると、データが収集されていることが確認できる
 
拡張機能の「Tag Assistant」の【ピン】をクリックすると、アイコンを【固定化】する事が出来る。
拡張機能の「Tag Assistant」の【ピン】をクリックすると、アイコンを【固定化】する事が出来る
 
 
以上。
(2022.03.18)
 

 

スポンサー リンク

 

             

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください