HOME → 1 Raspberry Pi → 03 作品集 → 

Ubuntu Desktop 22.04 SSH接続の導入とIPアドレスの固定化

Raspberry Pi 活用事例集
Ubuntu Desktop 22.04 LTS
SSH接続の導入とIPアドレスの固定化
 
Raspberry Pi に Ubuntu Desktop 22.04 LTS をインストールしたが、デスクトップとは言え Windows PC から「SSH」でアクセス出来ると、何かと便利である。
 
ログインに成功し、接続が完了すると次のような画面が表示される
 
以下、Ubuntu Desktop 22.04 LTS への「SSH接続の導入とIPアドレスの固定化」を記録。
 
 

 

スポンサー リンク

 

 
 
 
 
 
1. SSH接続の導入
 
SSHのステータスをチェックするコマンド。
sudo systemctl status ssh
sudo systemctl status ssh.service
 systemctl status ssh
 systemctl status ssh.service
 
SSHのステータスをチェックすると、「見つかりませんでした」。
SSHのステータスをチェック
 
Ubuntu22.04 LTS では、SSHサービスがデフォルトで無効になっているので、
OpenSSHをインストールする。
 
先に、システムをアップデートする。
sudo apt update && sudo apt upgrade -y
 
OpenSSHをインストールする。
sudo apt install openssh-server -y
 
「端末」アプリを起動し、次の様に入力する。
「端末」アプリを起動し、次の様に入力すると、パスワードが求められる
 
SSHのステータスをチェックと、「active(running)」になった。
SSHのステータスをチェック
 
IPアドレスの確認。
ip a
ip address
 
IPアドレスの確認結果。
IPアドレスの確認結果
 
見方:
・Loはloopbackネットワーク
・eth0は有線LAN
・wlan0は無線LAN
 
 
 
2. Windows PC からの SSH接続
 
Windows PC の「Tera Term」から接続して見る。
 
「Tera Term」を起動し、上記で確認したIPアドレスとポート番号には「22」を入力する。
「Tera Term」を起動し、上記で確認したIPアドレスとポート番号には「22」を入力する
 
初回アクセスの場合、SSH が公開鍵を持っていることを前提としているため、
「セキュリティ警告」が出る。
初回アクセスの場合、SSH が公開鍵を持っていることを前提としているため、 「セキュリティ警告」が出る
 
「既存の鍵を、新しい鍵で上書きする」にチェックを入れ、「続行」をクリックする。(チェックを入れておくと次回以降この警告画面は表示されなくなる。)
 
Ubuntuのユーザ名とパスワードを入力し、「OK」をクリックする。
Ubuntuのユーザ名とパスワードを入力し、「OK」をクリックする
 
ログインに成功し、接続が完了すると次のような画面が表示される。
ログインに成功し、接続が完了すると次のような画面が表示される
 
 
 
3. IPアドレスの固定化
 
SSHでのリモート接続を容易にする為に、ipアドレスを固定化する。
 
「設定」の「ネットワーク」を開き、接続済みネットワークの右端にある「⚙」マークをクリックする。
「設定」の「ネットワーク」を開き、接続済みネットワークの右端にある「⚙」マークをクリックする
 
「IPv4」タブを開き、「IPv4メソッド」を【手動】にし、「アドレス」と「DNS」を入力し、「適用」をクリックする。
「IPv4」タブを開き、「IPv4メソッド」を【手動】にし、「アドレス」と「DNS」を入力し、「適用」をクリックする
 
「詳細」タブに設定内容が表示される。
「詳細」タブに設定内容が表示される。
 
ここで、再起動する。
 
再起動後、「ip address」で確認すると、設定した「ipアドレス」に固定化されている。
再起動後、「ip address」で確認すると、設定した「ipアドレス」に固定化されている
 
 
以上。
(2022.08.16)
 

 

スポンサー リンク

 

             

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください