HOME → 1 Raspberry Pi → 03 作品集 → 

Ubuntu 22.04 NASへの接続

Raspberry Pi 活用事例集
Ubuntu Desktop 22.04 LTS
NASへの接続
 
Raspberry Pi 4 Model B に「Ubuntu Desktop 22.04 LTS」をインストールし、
デスクトップPCとしての有用性を調べるその第一歩として、Windows PC間で共有している「Synology NAS」へのアクセスの容易性を確認する。
 
「ファイル」の左側にある「他の場所」をクリックすると、「このコンピューター」と「ネットワーク」に接続されているボリュームの一覧が表示される
 
以下、Ubuntu Desktop 22.04 から「Synology NAS」にアクセスした記録。
 
 

 

スポンサー リンク

 

 
 
 
 
 
1. Ubuntu 22.04 のファイルアプリについて
 
デスクトップPCとして使用する場合に、必要不可欠なアプリケーションとしてファイルマネージャーが挙げられる。
 
ファイルマネージャー=ファイルアプリは、Windowsでいうエクスプローラーのことで、Ubuntuには幾つものファイルマネージャーがあるらしい。
 

 Ubuntuのファイルマネージャー

1 ノーチラス Nautilus(デフォルト)
2 PCManFM PCManFM
3 ソナー Thunar
4 イルカ Dolphin
5 コンケラー konqueror
6 ポロファイルマネージャ polo-file-manager
7 クルセイダー krusader
8 ROX-ファイラー rox-filer

 
デフォルトでは「Nautilus(ノーチラス)」がインストールされている。
 
「いくつか試してみて、自分にあったものを選べばよい」とのことだが、初めての場合デフォルトの【ファイル】アプリを使うしかない。
【ファイル】アプリの画面
 
 

 ボリュームと表現する
「Ubuntu」ではリムーバブルメディア含め、 ストレージ内にあるファイルシステムやネットワーク上の共有フォルダーをボリュームと表現します。

 マウントとアンマウント
「Ubuntu」からボリューム内のファイル等にアクセスできる状態にすることを「マウント」と言います。 マウントされているボリュームを切断することを「アンマウント」と言います。

 ボリューム一覧の表示
「Ubuntu」で認識されているボリュームの一覧を表示するには、 「ファイル」の左側から「他の場所」をクリックします。 

 
 
 
2. ネットワーク上の共有フォルダーへのアクセス
 
「ファイル」の左側にある「他の場所」をクリックすると、「このコンピューター」と「ネットワーク」に接続されているボリュームの一覧が表示される。
「ファイル」の左側にある「他の場所」をクリックすると、「このコンピューター」と「ネットワーク」に接続されているボリュームの一覧が表示される
 
ネットワーク上の「NAS(ファイル共有)」をクリックすると、認証画面が表示されるので、NASのユーザー名とパスワードを入力し【期限なしで記憶する】にチェックを入れ「接続する」をクリックする。
ネットワーク上の「NAS(ファイル共有)」をクリックすると、認証画面が表示されるので、NASのユーザー名とパスワードを入力し【期限なしで記憶する】にチェックを入れ「接続する」をクリックする
 
NAS内のフォルダーが表示され、NASに接続される。
NAS内のフォルダーが表示され、NASに接続される
 
NASに接続されると、「ファイル」の左側に「xxxNAS名」が表示されるので、ここをクリックすることでNASにアクセス出来る様になる。
NASに接続されると、「ファイル」の左側に「xxxNAS名」が表示されるので、ここをクリックすることでNASにアクセス出来る様になる
 
 
以上。
(2022.08.17)
 

 

スポンサー リンク

 

             

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください