HOME → 5 デジタル生活 → 02 Windows PC → 5 Linux → 

Ubuntu 22.04 Ubuntuのフォルダに Windowsからアクセスする

Windows PC 旧型PCの活用事例
Ubuntu Desktop 22.04 LTS
Ubuntuのフォルダを Windowsと共有する
 
Windows PC だけでなく Linux PC も併用していると、Windows と Linux 間でファイルを共有したいケースが多々ある。幸い、Ubuntu 22.04 では「Public(公開)」と言う共有の仕組みが用意されている。
 
「Public(公開)」フォルダーを右クリックして、「プロパティ」を選択する
 
以下、Ubuntu のフォルダに Windowsからのアクセスを可能にした記録。
 
 

 

スポンサー リンク

 

 
 
 
 
 
1. Public(公開)フォルダーの共有設定
 
Ubuntu 22.04 では
ローカルネットワーク上で、フォルダーやファイルを共有する仕組みが提供されており、 簡単に他のPCとフォルダーやファイルをやりとりできる。
 
「Ubuntu」では、ホームフォルダー内に「Public(公開)」と言う名のフォルダーが配置されている。この「Public(公開)」フォルダーを右クリックして、「プロパティ」を選択する。
「Public(公開)」フォルダーを右クリックして、「プロパティ」を選択する
 
「Public の プロパティ」画面が開くので、「ローカルネットワーク共有」タブを開く。
「Public の プロパティ」画面が開くので、「ローカルネットワーク共有」タブを開く
 
【このフォルダーを共有する】にチェックを入れると、「共有サービスがインストールされていません」が表示されるので、「サービスのインストール」をクリックする。
【このフォルダーを共有する】にチェックを入れると、「共有サービスがインストールされていません」が表示されるので、「サービスのインストール」をクリックする
 
「ソフトウェアの追加インストールを行いますか?」画面が表示されるので、’samba’の「インストール」をクリックする。
「ソフトウェアの追加インストールを行いますか?」画面が表示されるので、’samba’の「インストール」をクリックする
 
パスワードが求められるので、入力する。
パスワードが求められるので、入力する
 
変更が適用される。
変更が適用される
 
インストールが完了すると、「Public の プロパティ」画面に戻るので、追加の入力とチェックを入れ、「共有を作成」をクリックする。
インストールが完了すると、「Public の プロパティ」画面に戻るので、追加の入力とチェックを入れ、「共有を作成」をクリックする
 
共有名:
ネットワーク上に表示される名称で、他のPCからはここで指定した名称でフォルダーが見える。
 
コメント:
ユーザー自身が設定するこのフォルダーの追加情報。
 
このフォルダー内でのファイルの作成・削除を他のユーザーに許可する:
この設定を有効にすると、他のユーザーはこのフォルダー内でファイルの作成や削除が行えるようになる。
 
ゲストによるアクセス:
この設定を有効にすると、ユーザー名およびパスワードによるユーザー認証なしで、このフォルダーにアクセスできるようになる。
 
「共有を作成」をクリックすると、次の画面が表示されるので「自動的にアクセス権を付加する」をクリックする。
「共有を作成」をクリックすると、次の画面が表示されるので「自動的にアクセス権を付加する」をクリックする
 
「Public の プロパティ」画面の「アクセス権」タブを開くと、設定結果が確認できる。
「Public の プロパティ」画面の「アクセス権」タブを開くと、設定結果が確認できる
 
「フォルダー内のすべてのファイルの権限を変更」を表示してみると・・・。
「フォルダー内のすべてのファイルの権限を変更」を表示してみると・・・
 
 
ファイルマネージャーのホームフォルダーに戻ると、「Public(公開)」フォルダーに「緑の共有マーク」が付加されている。
ファイルマネージャーのホームフォルダーに戻ると、「Public(公開)」フォルダーに「緑の共有マーク」が付加されている
 
さらに、「他の場所」を表示してみると、「UBUNTU-SX2885」というボリュームが出来ている。
「他の場所」を表示してみると、「UBUNTU-SX2885」フォルダーが出来ている
 
このボリュームを開くと、中に「Public(公開)」フォルダーが配置されている。
このフォルダーを開くと、「Public(公開)」フォルダーが配置されている
 
これが、他のPCとやりとりできるネットワークフォルダーになっている。
 
 
「他の場所」に表示されるフォルダー名「UBUNTU-SX2885」は、
Ubuntu のインストール時に「ユーザ情報設定」で行った、【コンピューターの名前】。
「他の場所」に表示されるフォルダー名「UBUNTU-SX2885」は、 Ubuntu のインストール時に「ユーザ情報設定」で行った、【コンピューターの名前】
 
 
 
2. Sambaの設定
 
Public(公開)フォルダーの共有設定だけでは、 Windowsからのアクセスは出来ない。共有設定でインストールされた ’samba’ の設定が必要である。
 
Sambaユーザーアカウントの登録
 
先ず、Sambaに「ユーザーアカウント」を登録する必要がある。
ここで登録するアカウントとパスワードは、Windowsで「ネットワークドライブ」を設定する際の資格情報になる。
 
Sambaで、ユーザーアカウントの存在を確認するコマンドと登録コマンド。
sudo pdbedit -L
sudo pdbedit -a -u ubuntu
 
Ubuntu のユーザー名と同じ名前で登録した。
Ubuntu のユーザー名と同じ名前で登録した
 
ユーザーアカウントの登録が完了すると、ホームディレクトリやドメイン名等、登録内容が表示される。
ユーザーアカウントの登録が完了すると、ホームディレクトリやドメイン名等、登録内容が表示される
 
 
smb.conf の編集
 
続けて、Sambaの設定ファイル「smb.conf」の編集を行う。
 
smb.conf を編集するコマンド。
sudo nano /etc/samba/smb.conf
 
①.文字コードを設定する。以下の内容を追記。
unix charset = UTF-8
dos charset = CP932
文字コードを設定する
 
②.アクセスを許可するネットワークの追記。
修正前 ; interfaces = 127.0.0.0/8 eth0 を次の様に変更。
interfaces = 127.0.0.0/8 192.168.11.0/24
アクセスを許可するネットワークの追記
 
設定をチェックするコマンド。
testparm
 
Sambaの再起動と自動起動設定コマンド。
sudo systemctl restart smbd nmbd
sudo systemctl enable smbd nmbd
 
 
 
3. Windowsでの ネットワークドライブの設定
 
エクスプローラーで、「ネットワークドライブの割り当て」をクリックする。
エクスプローラーで、「ネットワークドライブの割り当て」をクリックする
 
フォルダー名に「\\コンピューター名\public」と入力する。
フォルダー名に「\\コンピューター名\public」と入力する
 
Sambaに登録した「ユーザーアカウントとパスワード」を入力する。
Sambaに登録した「ユーザーアカウントとパスワード」を入力する
 
エクスプローラーに「ネットワークドライブ」が表示される。
エクスプローラーに「ネットワークドライブ」が表示される
 
ネットワークドライブの「public」には書き込みが可能になっている。
「ネットワークドライブ」には書き込みが可能になっている
 
「public」の中に、フォルダーを作成して見る。
「public」の中に、フォルダーを作成して見る
 
 
 
4. Public(公開)フォルダを Ubuntuアプリで使う
 
Ubuntuのテキストエディタで、Public(公開)フォルダにファイルを保存して見る。
 
テキストエディタの「編集」から、「名前を付けて保存」をクリックする。
テキストエディタの「編集」から、「名前を付けて保存」をクリックする
 
ファイルマネージャーが表示されるので、「ホーム」から「Public」を選択する。
ファイルマネージャーが表示されるので、「ホーム」から「Public」を選択する
 
Windowsから作成した「Windows-Ubuntu共有」フォルダーをクリックする。
Windowsから作成した「Windows-Ubuntu共有」フォルダーをクリックする
 
「Windows-Ubuntu共有」フォルダーに「保存」をクリックする。
「Windows-Ubuntu共有」フォルダーに「保存」をクリックする
 
「Windows-Ubuntu共有」フォルダーに、ファイルが保存される。
「Windows-Ubuntu共有」フォルダーに、ファイルが保存される
 
 
「Public」フォルダーは「ホーム」フォルダーの配下にあるので、
NAS(ネットワークドライブ)より扱いが容易である。
 

 

以上。
(2022.09.13)

 

 

スポンサー リンク

 

             

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください