WordPress 記事作成中に、突然画面がリフレッシュされ、作業が前に戻る

WordPress 記事作成のためのカスタマイズ
リビジョン管理 と 自動保存機能 の停止
 
記事作成中に、『突然』画面がリフレッシュされて、記事の更新が数作業前に戻ることがある。
記事作成に集中している時に、【邪魔】されるだけでなく、記述していた幾つかの文章が【無効】になる、ことがしばしば起こる。
親切な機能ではあるが、リビジョン管理 と 自動保存機能 を無効にした。
 
スポンサー リンク
 
 
リビジョン管理とは
保存された下書き、または、公開済みの投稿について、それぞれの更新記録を保存する機能。新しい投稿IDが付与されて保存される。
 
自動保存機能とは
記事を書いている途中で、操作ミスやブラウザの障害対策として、記事の下書きを自動で保存をしてくれる機能。デフォルトでは 60秒おきに、自動保存投稿が同一記事IDに上書きされる。
 
 
リビジョン管理を停止する方法
 
リビジョン管理を停止するには、wordpress 直下にある wp-config.php に、下記コードを記述する。一番下に、require_once(ABSPATH . ‘wp-settings.php’); というコードがあるので、これよりも上に追記する。
リビジョン管理を停止する記述。
 
自動保存機能を停止する方法
 
子テーマの functions.php に以下のコードを追加することで、自動保存機能を停止することができる。
自動保存機能を停止する記述。
 
 
 
一度書いた内容を、もう一度書き直すぐらい【 気が滅入る 】ことはないので、こまめに下書きを保存するクセをつける。
 

以上。
(2017.11.16)

 
             

スポンサー リンク
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください