AMPカスタマイズ amp-ad タグが消えて 貼り付けられない

WordPress Twenty Seventeen
AMPページに
アドセンス広告を表示する
 
AMP化における問題点の一つに、『アドセンス広告が表示されなくなる』というのがある。AMPアドセンスに対応させるには、『AMP用アドセンス』コードを追記すればよいだけなのだが・・・。
 
ハマった事
広告コードをテキストエディターで貼り付けるも、
WordPressにはテキストエディターからビジュアルエディターに切り替える際に、不要なタグを削除する機能が備わっている。』
為に、<amp-ad> タグがもろに引っかかり、テキストエディターで記述したAMP用の広告コードが、ビジュアルエディターに切り替えると消えてしまう。
 
以下、この対策として【ショートコード】で、AMPアドセンスに対応した記録。
 
スポンサー リンク
 
 
AMPページにアドセンス広告を表示するには
 
通常のアドセンスコード。
 
AMP用のアドセンスコード。
(AAA と BBB は、通常のアドセンスコードに合わす。)
 
通常のアドセンスコードに続けて、AMP用のアドセンスコードを追記すればよいだけで、『両方を書いたら、広告が2つ出る?』のではなく、
・『AMPページでは、通常のアドセンスは表示されない。』
・『AMPアドセンスは、AMPページ以外では表示されない。』
となる。
 
 
「html-start.php」のカスタマイズ
 
WordPress ダッシュボードのメニューから「外観」→「テーマの編集」を選択する。
WordPress ダッシュボードのメニューから「外観」→「テーマの編集」を選択する
 
右側の「テーマファイル」に表示される「amp」を展開する。
右側の「テーマファイル」に表示される「amp」を展開する
 
「html-start.php」のソースコードの </head> タグの上に、amp-ad用の専用ライブラリを読み込むスクリプトコードを貼り付ける。
amp-ad用の専用ライブラリを読み込むスクリプトコードを貼り付ける
 
amp-ad用のスクリプトコード。
 
 
ショートコードについては、下記サイトに、分かり易い説明がされているので参照されたい。
 
参考:
 
 
広告を表示する php ファイルの作成(ショートコード用)
 
ファイル名を「amp-ad11.php」とした。
 
広告を表示する php。
 
 
ショートコードの記述
 
広告を表示させたい箇所に、次のショートコードを記述する。
 
ショートコード。
 
 
表示結果
 
通常の画面への、通常のアドセンスコードでの表示。
通常の画面への、通常のアドセンスコードでの表示
 
AMP画面には、通常のアドセンスコードでは表示されない。
AMP画面への、通常のアドセンスコードでの表示
 
AMP画面への、AMPアドセンスコードでの表示。
AMP画面への、AMPアドセンスコードでの表示
 
 

以上。
(2018.08.23)

 
             

スポンサー リンク
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください