HOME → 3 WordPress → 04 運用とトラブル → 

メッセージの送信に失敗しました。後でまたお試しください。

WordPress Twenty Seventeen
Contact Form 7
問い合わせメールが送信できない
 
新しいサイトを立ち上げて、「問い合わせメール」の設定とテストを行ったついでに、既存サイトの「問い合わせメール」をチェックしてみると、いつの間にか送信できない状態になっていることに気付く。
 
メッセージの送信に失敗しました。後でまたお試しください。
 
以下、「メッセージの送信に失敗しました。」を解決した記録。
 

 

スポンサー リンク

 

 
 
 
 
 
1. 問い合わせメールの稼働環境
 
問い合わせメールに関するバージョン。
問い合わせメールに関するバージョン
 
新規にセットアップした「Luxeritas」サイトでは、問い合わせメールを送信することが出来るが、他のサイトでは送信できない
 
他のサイトの【 reCAPTCHA タイプ 】を「v2 チェックボックス」から「v3」に変更しても、解決せず
 
全サイトが同じバージョンになったが、新規にセットアップした「Luxeritas」サイトのみ送信可能・・・?。
 
 
 
2. 解決策:バージョンダウン
 
『Contact Form 7』のバージョンを、【 5.1 】に落とすと上手くいった。
 
プラグイン『WP Rollback』をインストールして、有効化する。
プラグイン『WP Rollback』をインストールして、有効化する
 
導入されているプラグイン全てに、【 Rollback 】機能が追加されるので、『Contact Form 7』の【 Rollback 】をクリックする。
導入されているプラグイン全てに、【 Rollback 】機能が追加されるので、『Contact Form 7』の【 Rollback 】をクリックする
 
『Contact Form 7』のバージョンが、一覧表示される。
『Contact Form 7』のバージョンが、一覧表示される
 
5.1 」を選択し、【 Rollback 】をクリックする。
「 5.1 」を選択し、【 Rollback 】をクリックする
 
確認画面が表示されるので、再び【 Rollback 】をクリックする。
確認画面が表示されるので、再び【 Rollback 】をクリックする
 
プラグインが更新されるので、【プラグインを有効化 】をクリックする。
プラグインが更新されるので、【プラグインを有効化 】をクリックする
 
『Contact Form 7』のバージョンが、【 5.1 】にダウン出来た。
『Contact Form 7』のバージョンが、【 5.1 】にバージョンダウン出来た
 
コンタクトフォームのショートコードが変更になるので、ショートコードを埋め込んでいる固定ページを修正する。
コンタクトフォームのショートコードが変更になるので、ショートコードを埋め込んでいる固定ページを修正する
 
「問い合わせメール」のテストを行って見ると、正常に作動するようになった。
「問い合わせメール」のテストを行って見ると、正常に作動するようになった
 
 
 
3. reCAPTCHAv3 にキーを入れ替える方法
 
「インテグレーションのセットアップ」から、「v2 チェックボックス」のキーを削除する。
「インテグレーションのセットアップ」から、「v2 チェックボックス」のキーを削除する
 
「reCAPTCHA v3」キーの取得と変更要領。
 
 
 
4. Contact Form 7 の削除/再インストールでは解決しなかった
 
プラグイン『Contact Form 7』を停止&削除した後、再度インストールしてみたが、この方法では解決しなかった。
 
プラグイン『Contact Form 7』を停止&削除した後、再度インストールしてみたが、この方法では解決しなかった
 
 
以上。
(2020.04.09)
 

 

スポンサー リンク

 

             

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください